FC2ブログ

同じ41歳だけど東尾理子さんのようにはうまくいかない。

やっとやっと妊娠できた前回の移植。

2個も移植して、やっとしがみついてくれた1個の受精卵。







胎嚢が見えたよ!

心拍が確認できたよ!



と、嬉しい言葉が続いたのも束の間・・・・







妊娠3ヶ月で心肺停止、

またもや稽留流産になった。










流産率、50%くらいじゃなかったのかな。

自分の流産率、なんでこんなに高いのかな。





妊娠してくれる自体すごいことなんだけど、

それ以上に妊娠継続ができない。








ついに、最後の受精卵。






先生から、残っている卵の数、調べておく?

って、流産後に言われた。

最後の1個の移植でも妊娠しなかった時の為だ。








もちろん、答えはノー。








もうね、資金繰りができません。







45歳までは、まだまだ可能性はあるよって言われた。

確かに、治療をやめたら可能性はゼロ。

続ければ、10%か・・・・5%か・・・・・2%か・・・・

とりあえず可能性はある。








でもねー、

これだけ流産してしまえば、ちょっと考える。








流産の手術をし、

明日が最後の移植の日。








今度こそ、最後。







もし、また治療を再開するとすれば・・・・・

1000万円くらいの金額の宝くじが当たった時かな。






これって、妊娠するより難しい確率だね。あはは。






すでに心は折れているんだけど、

もし、数年後に

『あの時、最後まで治療しておけばよかった。』

と、後悔しないように、

最後の移植も頑張ってきます。






ぽちっとお願いします。

 ↓       ↓

にほんブログ村 子育てブログへ







関連記事
スポンサーサイト