FC2ブログ

40代なのに妊娠率は2分の1という好成績、でも・・・

残念ながら・・・・・・





4度目の流産確定。






胎嚢、胎芽のみの確認で、結局は心拍も確認できなかった。

手術をするまでもなく、自然流産、とでもいいますか、

大量に固形物が何か出て来たと思ってトイレに駆け込むと、

見たこともない赤ちゃんらしきものがドロドロっとでていた。








生理になって20年以上、

明らかに見たこともないものが出て来た。





袋のようなものに、太めの毛糸のような長い物がつながって出て来た。

この袋のようなものが胎嚢?

ビビの子を取り出した時、ちび達みんなについていたものに似てる。。。なんて思いながら。



この毛糸のような長い物がへその緒だろうか、

私のお腹とこの赤ちゃんを、つなぎとめておいてくれていたんだな。





もう少し・・・・長い間、つなぎとめておいて欲しかったな。







本当にそれが、胎嚢やへその緒かどうかはわからない。

病院に持って行ったわけじゃないからね。

先生に話すと、胎盤が剥がれ落ちてきたんだろうねって言っていた。





二人目不妊治療を始めてから途中、中だるみで一切妊娠せず、

もう妊娠は出来ない体じゃないんだろうか、なんて思っていたけど、

終わってみれば、

妊娠率はなんと半分。

最初の2回と、最後の2回で妊娠。

真ん中の4回がダメだった。









なんだ・・・・・・

けっこう、成績いいじゃないか。

私ってば年寄りなのに、妊娠率、めっちゃいいじゃん。






でも、、、、

ただただ、受精卵が悪かった。






私は不育症なのではないか、と先生に尋ねたけど、

実際に妊娠出産をしているし、それからまだ3年なんだからそんなことはない。

いずれも妊娠初期の流産だから、染色体異常だとのこと。









そんなに・・・・・・・・

異常がある受精卵だらけだったのか。





よく聞くダウン症、それも染色体異常。

異常が少々あっても、きちんと妊娠継続して生まれてくることができる。

でもでも、2ヶ月や3ヶ月で成長をやめてしまうほどの異常。

よほど・・・・・・・

私の受精卵の染色体は異常だらけだったのか。

ならば4AAとか、ABとかのランクってなんなんだ。






妊娠しなかった分の受精卵も、やはり異常ばかりだったのかな。





考えたって仕方がないんだけど、

やはり考えてしまうもの。






たまたま1回目の移植で、先生が見事に異常じゃない受精卵を選んでくれたから、

たまたま産むことができたのだろうか。

私はてっきり、若かったからと思っていたのだけれど。





移植の順番を間違えても、

今の我が子は産まれて来てくれていたのだろうか。


にほんブログ村 子育てブログへ







関連記事
スポンサーサイト