FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

移植当日、卵に嫌われる。

移植当日、

特に体調の変化もなく、移植実行。







いつものように、

注射やトイレを済ませてOPE室で先生を待つ。

OPE室といえば緊張していたけど、

移植の度に毎月OPE室に入るともう慣れてしまったな^^;)








先生が来て子宮内をチェックし、

毎日3回入れている膣剤のカスを、

膣内からキレイにふき取る。







移植が終了し、

これまたいつものように管に卵がもどってないかチェック。







『ま・れ・に』子宮に移植した卵が管(カテーテル)に戻ってしまう事があるため、

移植後は毎回、管のチェックが行われる。






『まれに』って、

何回に1回戻るようなことがあるんだろう・・・・

そんなに滅多にあることじゃないよね、

なんて思って待っていると・・・・・









「戻り、あります!!!」








と、培養士からの声が!







え??

何て??

今、戻りがあるって言わなかった?

聞き間違いだよね?







なんて思っていたら、


「わんこっくさん、

 卵が戻ってからね、もう1回移植するよー。」



と、先生。






え・・・・・マジか・・・・・









またもや器具をアソコに入れられ、

移植のやり直し。







あの細いカテーテルに再び戻るって・・・・・







卵ちゃんよ、

そんなにもわんこっくの子宮に来たくなかったのかい?( ;∀;)







2回目の移植が終了し、

またもや卵が管に戻っていないかチェック。

さすがに2度目は戻っていなかったけど。








わんこっくは、いい方の「まれ」はあまりなくとも

悪い方の「まれ」には結構な割合で遭遇してしまう。








うーん、できれば宝くじに当たる人になりたいもんだけど((+_+))







こんなことがあると、

『あぁ、卵に嫌われるなんて、

 今度も移植もだめだろうなぁ。』

なんて思ってしまうよ。







ま、ダメな時の為、

あまり期待しないでおくってのは

不妊治療では当たり前なのかもしれないけどね^^;)




 ↓ ポチッとお願い^^)

にほんブログ村 子育てブログへ







関連記事

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。